【GIMP】ケージ変形の使い方

GIMPの「ケージ変形」( )ツールの使い方についてメモ。

ケージ変形とは?

ケージ変形は、点(アンカー)で囲った範囲を、自由に変形させることができるツールです。

▲「ケージ変形」を使用して、バナナの画像を変形させている様子
(アンカーを引っ張ることで変形できる)

ケージ変形の使い方

以下、使い方です。

  1. ツールボックスより「ケージ変形」()を選択する(もしくはShift+Gを押す)
  2. 変形したい部分をクリックしていく(囲う)
  3. 変形したい部分のアンカーをドラッグ(左クリック)で引っ張る

基本的な操作は以上です。

○アンカーを複数選択→移動させる方法

  • Shiftを押しながらアンカーを左クリックすると、アンカーを複数選択できる
  • ドラッグしてアンカーを複数選択することもできる
▲アンカーを複数選択した状態で、(選択済みの)アンカーをドラッグすると、同じように引っ張ることが可能

○うまく変形できない時は・・?

以下のように、「うまく変形できない!」という場合は、

  • アンカーの数を増やす
  • 変形対象をやや大きめに囲ってみる

という風にすると上手く行くかもしれません。

▲アンカーの数が少ないと、上手く作用しないことが多いかも・・

ケージ変形の設定

ツールオプションより、「ケージ変形」の設定が行えます。(「ケージ変形」を選択しておく必要あり)

ケージを作成または調整

※「ケージ変形」ツールを選択した時点では、このモードが選択されています

アンカーを作成できるモードです。

既にアンカーを作成した状態で、このモードを選択すると、アンカーを追加することもできます。

ケージを移動してオブジェクトを変形

※「ケージを作成または調整」でアンカーを作成した後は、自動的にこのモードに切り替わります。

初期ゲージ内を単色で塗りつぶす

「変形後にできた隙間をどうするか」という設定です。

チェックを入れると、最初のアンカーの位置の画素の色で塗りつぶされます。

▲チェックON ▲チェックOFF

引用:京都の塔 一覧 – 京都フリー写真素材集:京都の神社・寺院・観光地・世界遺産写真が無料!

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする