【GIMP】パスツールの使い方

GIMPの「パス」( )ツールの使い方についてメモ。

パスとは?

パスは、直線や曲線(ベジェ)を描くことができるツールです。

作成したパスを「選択範囲」に変換したり、パスに沿って線を描いたりできます。

パスの使い方

以下、基本的な使い方です。

  1. ツールボックスより「パス」()を選択する(もしくはBキーを押す)
  2. クリックする
    • クリック → クリック → クリック → ・・とすることで、パス(直線)を繋げていくことができる
    • クリック → ドラッグ → ドラッグ → ・・とすることで、パス(ベジェ曲線)を繋げていくことができる

基本的な使い方は以上です。

パスの各部分の名称

以下、パスの各部分の名称です。

  • アンカー:
    • パスを構成する最小単位
  • ハンドル:
    • アンカーを操作するためのもの(分節を曲げるためのもの)
  • 分節:
    • アンカー間をつなぐ線

パスの設定

ツールオプションより、「パス」の設定が行えます。


▲「編集」と「移動」は、それぞれCtrlAltを押すことで切り替えることができます

作成

デフォルトは、「作成」モードになっています。

アンカーを作成

  • クリック → クリック → クリック → ・・とすることで、パス(直線)を繋げていくことができる
  • クリック → ドラッグ → ドラッグ → ・・とすることで、パス(ベジェ曲線)を繋げていくことができる
  • Shiftを押しながら、クリックすることで、新たに独立したアンカーを作成することができる

    ▲クリック → クリック → Shiftを押しながらクリック → クリック

アンカーの移動

  • アンカーをドラッグすると、アンカーを移動させることができる
  • Shiftを押しながらアンカーを複数のアンカーを選択し、その状態でアンカーの上にマウスを持っていき、ドラッグすると、複数のアンカーを移動させることができる

ハンドルの操作

  • ハンドルをドラッグすると、ハンドルを移動できる
  • Shiftを押しながらハンドルをドラッグすると、点対称にハンドルを移動できる

分節の変形

  • 分節をドラッグすると、分節を変形できる
  • Shiftを押しながら分節をドラッグすると、点対称に分節を変形できる

編集(Ctrl)

終端アンカーを繋ぐ分節を追加

  • 終端アンカーをクリックした状態で、もう一方の終端アンカーをクリックすると、2つを連結できる

分節・アンカー・ハンドルを削除

  • Shiftを押しながら分節をクリックすると、その分節を削除できる
  • Shiftを押しながらアンカーをクリックすると、そのアンカーを削除できる
  • Shiftを押しながらハンドルをクリックすると、そのハンドルを削除できる

アンカーを追加

  • 分節上でクリックすると、アンカーを追加できる

移動(Alt)

  • 分節・アンカーをドラッグすると、パスを移動できる
  • パス上でない場所でドラッグすると、すべてのパスを移動できる
    Shift キーを押しながらドラッグしても同じようにすべてのパスを移動できる)

多角形

チェックをONにすると、描ける分節が直線のみになります。 (ハンドルが使えなくなる)

▲多角形:ON ▲多角形:OFF

パスを選択範囲に

このボタンを押すと、パスに基づいて「選択範囲」を作成できます。

画像ウィンドウ下部でヘルプメッセージが示すとおり、

  • Shiftキーを押しながらこのボタンを押すと・・・
    • 選択中の選択範囲へ、新たに作られた選択範囲が加えられる
  • Ctrl キーを押しながらこのボタンを押すと・・・
    • 選択中の選択範囲から、この選択範囲が除外される
  • Shift+Ctrl のを押しながらこのボタンを押すと・・・
    • 両選択範囲の共通部分のみ残る

という感じで、ショートカットキーを押すことで、オプションを指定できます。

閉じていないパスを変換した場合は、 各成分ごとに始点と終点が直線で結ばれて閉じられます。

パスの境界線を描画

このボタンを押すと、パスに基づいて境界線を描画できます。

パスダイアログの使い方

パスダイアログでは、作成したパスを管理することができます。

表示されていない場合は、メニューの「ウィンドウ」→「ドッキング可能なダイアログ」→「パス」をクリックすることで表示できます。

選択範囲 → パス

「選択範囲からパスを作成する」ボタン()を押すと、選択範囲からパスを作成できます。

▲アンカー・分節の間隔などは、自動的に作成される

パスの複製

「パスの複製」ボタン()を押すと、選択範囲からパスを作成できます。

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする