【GIMP】鏡像反転ツールの使い方

GIMPの「鏡像反転」ツール()の使い方についてのメモ。

「鏡像反転」ツールとは?

「鏡像反転」ツールは、「レイヤー」「選択範囲」「パス」を反転させることができるツールです。

▲「鏡像反転」ツールで、画像(レイヤー)を左右反転した様子

機能としてはこれだけです。

「鏡像反転」ツールの使い方

以下、使い方です。

  1. 「鏡像反転」ツール()を選択する
  2. 画像の上でクリックする

    • Ctrlを押しながらクリックすることで、上下反転もできる

使い方としては以上です。

「鏡像反転」ツールの設定

「鏡像反転」ツールを選択しておくことで、ツールオプションより「鏡像反転」ツールの設定を行えます。

対象

反転させる対象を設定できます。

 
レイヤー
(選択範囲を指定している場合は、選択範囲部分を反転させる)
選択範囲
(選択範囲自体を反転させる)
 ▲パス
(パスはデフォルトだと選択しても表示されないので、パスウィンドウより表示させる必要あり)

反転の向き(Ctrl)

反転させる向きを選択できます。

  • 水平:
    • 左右反転させることができる
  • 垂直:
    • 上下反転させることができる

また、Ctrlを押しっぱなしにすることで、「水平」と「垂直」を切り替えることができます。

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする