【GIMP】にじみツールの使い方

GIMPの「にじみ」ツール()の使い方についてメモ。

にじみツールとは?

にじみツールは、「隣接するピクセル同士の色を混ぜることができるツール」です。

例えるなら、「絵の具を混ぜ合わせるような効果」です。

▲「にじみ」ツールで、適当にドラッグしている様子
引用【無料】著作権フリー写真素材 いちご(あまおう) 1個 横から

にじみツールの使い方

以下、基本的な使い方です。

  1. ツールボックスより「にじみ」ツール()を選択する
  2. にじみを適用したい箇所でドラッグをする

    • Shiftを押しながらクリックすると、A点からB点まで直線でにじませることができる
    • ShiftCtrlを押すと、15°単位でスナップさせることが可能

にじみツールの設定

ツールオプションより、「にじみ」の設定が行えます。
(「にじみ」を選択しておく必要あり)

モード

塗りつぶしする際の「モード」を選択できます。

※詳しくは以下ページをご覧ください。

不透明度

使用するブラシの「不透明度」を設定できます。

▲上から順に、不透明度の値が、

  • 100
  • 50
  • 20

ブラシ

使用するブラシを設定できます。

▲上から順に、

  • (2. Hardness 100)
  • (2. Hardness 075)
  • (2. Hardness 025)

というブラシを使用

サイズ

ブラシのサイズを設定できます。

縦横比

ブラシの縦横比を設定できます。

▲縦横比:-1.0 ▲縦横比:0 ▲縦横比:+1.0

角度

使用するブラシの「角度」を設定できます。

動的特性

「本物のブラシのような描き心地」に近づけるためのパラメータです。

例えば、

  • 鉛筆の幅を尖筆またはマウスの速度に応じて変化させたり、
  • 尖筆の筆圧に応じて彩度を変えてみたり、
  • ブラシがキャンバス上をなぞる方向によって色を変化させたり、

など、 いろいろ設定できます。

詳しくは公式をご覧ください。

散布

ドラッグして修正する際に、適用する範囲をバラけさせる事が出来る設定です。

▲上から順に: 散布無し、 散布量 = 1、 散布量 = 4。

手ブレ補正

ドラッグして修正する際に起こりうる、手ブレを自動的に補正する事が出来る設定です。

▲マウスを使い直線と曲線を描こうとした結果
(1: オプション不使用、 2: 初期設定値、 3: 最大値)

ハードエッジ

チェックを付けると、ブラシの不透明度に関係なく、均一に作用するようになります。
(つまり、ペンの形が同じなら、結果が同じになる)

割合

にじませる割合を設定できます。

▲上から順に、

  • 100
  • 80
  • 60

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする