【GIMP】塗りつぶしツールの使い方

GIMPの「塗りつぶし」ツール()の使い方についてのメモ。

「塗りつぶし」ツールとは?

塗りつぶしツールは、「選択範囲」を(任意の色で)塗りつぶすことができるツールです。

%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%80%8c%e5%a1%97%e3%82%8a%e3%81%a4%e3%81%b6%e3%81%97%e3%80%8d%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e%e3%81%97%e3%80%81%e3%80%8c%e9%81%b8
▲塗りつぶしツールを使用して、選択範囲(円)を塗りつぶした例
※「選択範囲」を指定していない場合、選択しているレイヤー全体が塗りつぶしの対象になります。

「塗りつぶし」ツールの使い方

  1. ツールボックスより、「塗りつぶし」ツール()をクリックする
  2. 塗りつぶしに使用する色を設定する(「描画色」「背景色」)
    参考【GIMP】描画色と背景色の使い方
  3. 塗りつぶしたい箇所までマウスを移動させる
    1. 左クリックすると「描画色」で塗りつぶしされる
    2. Ctrl+左クリックすると「背景色」で塗りつぶしされる

基本的な使い方としては以上です。

「塗りつぶし」ツールの設定

「塗りつぶし」ツールを選択しておくことで、ツールオプションより「塗りつぶし」ツールの設定を行えます。

モード

塗りつぶしする際の「モード」を選択できます。

※詳しくは以下ページをご覧ください。

不透明度

塗りつぶしする際の「透明度」を設定できます。

▲不透明度:100 ▲不透明度:70

塗りつぶし色

塗りつぶす際の「色」を設定できます。

  • 描画色(黒色):
  • 背景色(赤色):
  • パターン:
    • 「パターン」を使って塗りつぶす

      ▲好きなパターンを選択可能

塗りつぶす範囲

塗りつぶす範囲を設定できます。

  • 選択範囲:
    • 「選択範囲」を塗りつぶす(選択範囲が選択されていない場合は、キャンバス全体を塗りつぶす)
  • 類似色領域:
    • 似ている色域だけを塗りつぶす

      ▲この場合、赤色部分だけを塗りつぶす

      • 透明領域を塗りつぶす:
        • チェックを入れると、透明部分も塗りつぶしの対象となる
      • 見えている色で:
        • チェックを入れると、(選択中のレイヤーだけでなく)見えている全てのレイヤーを塗りつぶし対象にする
      • しきい値:
        • 値を上げると、塗りつぶす色域の範囲を広げる
        • 値を下げると、塗りつぶす色域の範囲を狭める
      • 判定基準:
        • 塗りつぶす色域を判定する色を設定できる
          • コンポジット:
            • 赤・緑・青を基準にする
          • 赤:
            • 赤を基準にする
          • 緑:
            • 緑を基準にする
          • 青:
            • 青を基準にする
          • 色相:
            • 色相を基準にする
          • 彩度:
            • 彩度を基準にする
          • 明度:
            • 明度を基準にする

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする