【GIMP】ズームツールの使い方

GIMPの「ズーム」ツールの使い方についてのメモ。

「ズーム」ツールとは?

ズームツールは、キャンバスの表示倍率・位置を変更できるツールです。(ズームツール

一部分を拡大したり、縮小したりできます。

▲画像の一部をドラッグして拡大している様子

「ズーム」ツールの使い方

以下、使い方です。

  1. ツールボックスより「ズーム」ツール(ズームツール)を選択する
  2. 拡大・縮小したい部分をドラッグで囲む

また、

  • 左クリック:拡大
  • Ctrl+左クリック:縮小

という動作も可能です。

▲「Ctrl+左クリック」(縮小)×3回、「左クリック」(拡大)×3回 している様子

拡大縮小については、

  • Ctrl+上方向にスクロール:拡大
  • Ctrl+下方向にスクロール:縮小

という風にもできます。(というか、スクロールのほうが使い勝手が良いので、わざわざズームツールで拡大縮小を行う必要はないと思います)

「ズーム」ツールの設定

「ツールオプション」より、「ズーム」ツールの設定が行えます。

ウィンドウの自動リサイズ

変更された画像の大きさに合わせて、画像ウィンドウのサイズを自動的にリサイズできる設定です。

拡大・縮小

デフォルトだと、

  • 左クリック:拡大
  • Ctrl+左クリック:縮小

となっていますが、「縮小」のラジオボタンにチェックを付けると、

  • 左クリック:縮小
  • Ctrl+左クリック:拡大

と逆にできます。(それだけです・・)

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする