【GIMP】移動ツールの使い方

GIMPの「移動」ツール(%e3%80%8c%e7%a7%bb%e5%8b%95%e3%80%8d%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab)の使い方についてのメモ。

「移動」ツールとは?

移動ツールは、「レイヤー」「選択範囲」「パス」「ガイド」などを移動させることが出来るツールです。

▲移動ツールで「レイヤー」を移動させている様子

「移動」ツールの使い方

以下、基本的な使い方です。

  1. 「ツールボックス」→「移動」ツール(%e3%80%8c%e7%a7%bb%e5%8b%95%e3%80%8d%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab)を選択する(もしくはMを押す)
  2. 画像の上でドラッグする
  3. おわり

「移動」ツールの設定

「移動」ツールを選択しておくことで、ツールオプションより「移動」ツールの設定を行えます。

移動対象

移動の対象を切り替えることができます。

   
レイヤー
(画像、テキストなど)
選択範囲
(選択系のツールを選択してAltを押しながらドラッグでも移動可能)
パス
(パスツールを選択してAltを押しながらドラッグでも移動可能)

機能の切り替え(Shift)

設定した「移動対象」について、更に詳細な設定が行えます。

  • レイヤー」を選んだ場合:
    • つかんだレイヤーまたはガイドを移動:
      • マウスの上にあるレイヤーまたはガイドを移動する
    • アクティブなレイヤーを移動
      • レイヤーウィンドウで選択中のレイヤーを移動する
  • 選択範囲」を選んだ場合:
    • ※選択範囲については「選択範囲を移動」という項目しかありません
  • パス」を選んだ場合:
    • つかんだパスを移動:
      • マウスの上にあるパスを移動する(パスはデフォルトだと選択しても表示されないので、パスウィンドウより表示させる必要あり)
    • アクティブなパスを移動:
      • パスウィンドウで選択中パスを移動する

また、表記にあるように、Shiftでも切り替え可能です。

その他(補足)

移動」ツールを選択した状態で、Spaceを押しながらマウスを移動させると、キャンバスを自由に移動できます。

▲「移動」ツールを選択した状態で、Spaceを押しながらマウスを移動させている様子

キャンバスの移動方法は、他にも色々とあります↓

【GIMP】キャンバスを移動する方法【スクロール】
GIMPの「キャンバス」を移動する方法のメモ。 キャンバスを移動する方法 方法①:ホイールドラッグ ホイールドラッグで、キャンバスを自...

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする