【GIMP】スポイトツールの使い方

GIMPの「スポイト」ツール()の使い方についてのメモ。

「スポイト」ツールとは?

スポイトツールは、画像上でクリックした座標の色を抜き出すことができるツールです。

具体的には、

  • クリックした箇所の色情報を表示する
  • クリックした座標色を「描画色」に設定する
  • クリックした座標色を「背景色」に設定する
  • クリックした座標色を「パレット」に追加する

などが行なえます。

 
▲スポイトツールで、画像上の色(赤、青)を抜き出して、「描画色」と「背景色」に設定している様子
(赤の部分にマウスを持っていきクリック → 青の部分にマウスを持っていきクリック+Ctrlを行っている様子)

「スポイト」ツールの使い方

以下、基本的な使い方です。

  1. ツールボックスより「スポイト」ツール()を選択する
  2. 抜き出したい箇所の上までマウスを持っていく
    • 左クリックすると「描画色」を設定できる
    • 左クリック+Ctrlすると「背景色」を設定できる

おわり

※ドラッグすると、連続的にスポイトできます。

▲ドラッグで連続スポイト

「スポイト」ツールの設定

「スポイト」ツールを選択しておくことで、ツールオプションより「スポイト」ツールの設定を行えます。

色の平均を取る

指定した範囲の色の平均を、色として抜き出す設定です。

 
▲例えば、このように「青色」と「赤色」の中間でクリックすると「紫色」(青と赤の平均)を抽出できたりする

半径

色の平均を取る半径を指定できます。

見えている色で

チェックを付けると、全てのレイヤーがスポイトの対象となります。

チェックを外すと、現在選択中のレイヤーのみが対象になります。

スポイトモード

  • スポイト情報のみ:
    • クリックした箇所の色を「情報ウィンドウ」に表示する

      Shiftを押しながらクリックで「情報ウィンドウ」を表示できる
  • 描画色に設定:
    • クリックした箇所の色を「描画色」に設定する
    • Ctrlを押しっぱなしにすると「背景色に設定」と切り替えることができる
  • 背景色に設定:
    • クリックした箇所の色を「背景色」に設定する
    • Ctrlを押しっぱなしにすると「描画色に設定」と切り替えることができる
  • パレットに追加:
    • クリックした箇所の色を「パレット」に追加する
    • 追加する際は、パレット」ダイアログにて「新しいパレット」を作成する必要がある
  • 情報ウィンドウを使用:
    • クリックした箇所の色情報が見れる「情報ウィンドウ」を表示する

      Shiftを押しながらクリックで表示できる

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする