【GIMP】鉛筆・ブラシ・エアブラシ・インクの違い

GIMPにおける、

  • 鉛筆(
  • ブラシ(
  • エアブラシ(
  • インク(

という4つの描画ツールの違いについてメモ。

 描画ツールの違い

▲4つの違い

使用したブラシ:(2 Hardness 025)

鉛筆

スタンダードな描画ツールです。

以下、特徴です。

  • 使用するブラシの不透明度にかかわらず、最大の濃さで描画される
  • 線がゴツゴツする(アンチエイリアスが掛からない)

ブラシ

「ブラシ」は、「鉛筆」の「不透明度に対応するようなったバージョン」です。

エアブラシ

最も柔軟性に富んでいる描画ツールです。

以下、特徴です。

  • 使用するブラシの不透明度に影響される
  • クリックし続けている間、設定した「割合」と「流量」に応じて、ずっと吹き付けられる
    (イメージで言うと、スプレーで紙に吹き付けるようなイメージ

機能で言うと、

鉛筆 < ブラシ < エアブラシ

という感じで、「鉛筆」と「ブラシ」の上位互換ツールとも言えます。

ただし、その分、扱いが少し難しいです。

インク

以下、特徴です。

  • 常に最大の濃さで描画される
  • ドラッグするスピードによって、線の太さを変えれる
    筆で書くようなイメージ

このページの情報は以上です。