【GIMP】色を反転させる方法いろいろ【階調反転・明度反転・色相反転など】


▲記事中で使用している画像(https://www.pakutaso.com/20160939258post-9011.html

GIMPで、画像の色を反転させる方法について色々メモ。

明度反転

明度反転・・・明るさを反転させること。(暗い部分は明るくなるし、明るい部分は暗くなる)

メニューの「色」→「明度の反転」より行えます。

▲元画像 ▲明度反転後

ただ、GIMPの明度反転は、効果がイマイチ(ブロックノイズが出まくり)なので、あんまり使わない方が良いかもしれません。

「どうしてもGIMPで明度反転したい!!」という場合は、有志の方が、明度反転のスクリプトを公開してたりするので、(質の高い画像を望むなら)そちらのスクリプトを使用した方が良いと思います。
明度反転 スクリプト

色相反転

色相反転・・・色を反転させること。例えば、赤は緑になるし、青は橙になる。(つまり補色になる。)

以下、手順です。

  1. メニューの「色」→「色相-彩度」をクリックする
  2. 出てきたダイアログにて、「色相」のつまみを左右どちらかに振り切る
▲元画像 ▲色相反転後

輝度反転

輝度反転・・・輝度を反転させる効果。(輝度は明るさとは違うので注意)

GIMPには、「輝度反転」の機能はありません。

しかし、他の反転効果と組み合わせることで実現可能です。

以下、やり方です。

  1. 階調反転する
    • これで「色相反転」と「輝度反転」された状態になる
  2. 色相反転する
    • 2回目の「色相反転」で、1回目の「色相反転」が取り消される(つまり、「輝度反転」だけされた状態になる)
▲元画像 ▲階調反転後

階調反転

階調反転・・・「輝度反転」と「色相反転」を組み合わせた反転効果(ネガポジ反転などとも呼ぶ)

「ガーン!!」という表現などの時に使用されたりもします。

メニューの「色」→「階調の反転」より行えます。

▲元画像 ▲階調反転後

このページの情報は以上です。