【GIMP】レイヤーを画像中の物体の大きさで自動切り抜きする方法

記事タイトルだけ見ても「意味が分からん!!」と思いますので、最初に例を示します。

例えば、以下のようなレイヤーがあったとします。

▲「レイヤーサイズ(黄と黒の点線枠部分)」=「キャンバスサイズ」

このようなレイヤー↑を、以下↓のように、青色四角の部分だけに自動的に切り抜く方法についてです。

「レイヤーサイズ」=「青色四角形の大きさまで切り取られる」

「レイヤーの自動切り抜き」を使用する

結論から書くと、「レイヤーの自動切り抜き」機能を使えば、一発で実現可能です。

メニューの「レイヤー」→「レイヤーの自動切り抜き」を選択します。

「レイヤーの自動切り抜き」とは・・・レイヤーの外側から同色部分を切り捨てる機能(ザックリ言うとです)

例1:図形が1つだけあるケース

この場合、図形に合わせて切り取られます。

「レイヤー」→「レイヤーの自動切り抜き」

例2:図形が2つあるケース

この場合、2つの図形が全て入るように切り取られます。

「レイヤー」→「レイヤーの自動切り抜き」

例3:グラデーションなケース

この場合、グラデーションを囲った形で切り取られます。

 
「レイヤー」→「レイヤーの自動切り抜き」

このページの情報は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする